お気楽な自由を愛する、くぅ兄さんです!

くぅ兄さんブログ

雑記

英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる! 奥村美里

投稿日:



英語は5歳児の日本語で考えると面白いように話せる!

奥村美里

英会話は言い換えが9割。

直訳しようとするから話せない!

世界トップコーチの同時通訳を2年間務めた著者が、
英会話上達の裏技を公開。

英語がうまい人=言い換え力が高い人

私は通訳ですが、英語辞書の端から端まで
知っていますか?
と言われると全然そんなことはありません。
でも、スピーカーの言うことは全部訳せますし、
自分の言いたいことも全部表現できます。

なぜそんなことが可能なのか……

これはずべて言い換え力が高いということにほかなりません。

言い換え力とは、言いたいことを簡単な日本語にして
それをすでに頭の中に入っている英単語に瞬時に言い換える力。

これが英語ペラペラのカギなのです。

この「言い換え力」が高くなればなるほど、
自分の知っている単語だけで言いたいことを
英語で表現できるようになります。

私たちは日本語のネイティブスピーカーなので、
当たり前ですが、英単語よりも日本語の単語のほうが
はるかに多く知っています。

そのため、「ほっぺたが落ちるような」とか
「千秋楽」など日本語独特の表現や、こなれた表現を
自然に使ってしまいます。

たとえば、
「思春期の子どもは難しいね。」
思春期という言葉は日本語的なこなれた言葉です。

思春期の意味を考えると、通常は十代の時期のことをさします。

そこで、思春期 → 十代 → ティーンエージャー と言い換えます。
Teenagers are difficult.(十代の子は難しいね)
と言い換えることができました。

本書には、このような日本語ならではのこなれた表現を
どうやって英語に言い換えるか、言い換えの練習が
できるような例文を多数収録しています。

https://www.amazon.co.jp/dp/4877713077


-雑記
-, , ,

Copyright© くぅ兄さんブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.