我が師・志村けん 僕が「笑いの王様」から学んだこと

我が師志村けん
僕が笑いの王様から学んだこと

乾き亭げそ太郎


2020年3月29日、日本から「笑いの王様」が
天へと旅立っていった。

その名は志村けん――享年70歳。

まだまだ、テレビに舞台に精力的に活動を続けていこうと
していた矢先に襲った新型コロナ。
その第一報の衝撃はいまだに生々しい。

多くの大物芸人たちが司会や役者などの道を切り拓いていったのに
対して、あくまでも「お笑い芸人」を貫いた師匠は、自分自身の
「笑いの哲学」を語ることもほとんどなかった。

しかし、そんな口数少ない志村けん氏の毎日を付き人として7年間、
朝から晩まで、海外へも同行した男がいた。

鹿児島出身の若者・櫨木信一(はぜきしんいち、後に乾き亭げそ太郎)。

志村けん氏に憧れ、上京した櫨木は運良く、ドライバー兼付き人
として採用される。

「笑いは正解のない世界だから、俺から教えることは何もないぞ」
その一言に新人・櫨木は「これこそが本物の芸人だ」と感動した。


PR
おすすめの記事