地図

NTT空間情報から購入した、東京都千代田区、
中央区、港区の全域と新宿区の一部の高精度
詳細な3D地図データが、中国転売されたと
警視庁公安部より日本国籍を取得している
埼玉県在住の元中国籍の男を書類送検している。

容疑は「詐欺」だそうです・・・・

詐欺容疑になった理由は、NTT空間情報の約款に
「第三者への譲渡を禁止」などに引っかかるから
とのことですが、そんな甘い理由だけでよいのか・・・

NTT空間情報のこれだけ詳細な地図って
テロとかに使われる可能性は非常に高いでしょうに・・・

国防に関わることだと思うので罰則
むちゃくちゃに厳しくしてもいいと思う。

PR
おすすめの記事