肩をすくめるアトラス 第一部 文庫

アイン・ランド


アメリカの「保守の女神」と言われる
アイン・ランドの最高傑作の第一部。

元連邦準備制度理事長のアラン・グリーンスパンら
当時の若者に大きな影響を与え、米国議会図書館の調査で
「聖書に次いでアメリカ人が最も大きな影響を受けた本」
とされた。

あらすじ:
タッガート大陸横断鉄道の副社長ダグニーは、
政治的駆け引きに明け暮れる社長で兄のジムと
対立しながら鉄道を経営している。

成長著しいコロラドの路線の再建のため、
彼女は起業家のリアーデンが十年をかけて開発した
画期的なメタルを採用し、新線を完成させる。

だが企業活動を阻む規制が強まるなか、
実業家たちが次々と姿を消していく。


出典:amazon.co.jp

 






PR
おすすめの記事