すべてのマンションは廃墟になる

榊淳司

マンション購入の前には必読の書の一つ

マンションを買うことを検討している人は
必読の書の一つ。

マンション購入前にこそ一番よく検討したいこと。

価格? 立地? 間取り? 住環境?

などなど、検討すべきことは
どれも正解ですよね。

でも一番重要なものは「管理」のことだった・・・

詳しくは本書で確認してください。

絶対に「なるほど一番大事ですね」と
納得しますから。


「買えば、一生安心」は大間違い。
マンションは「終の住処」ではありません。

――なぜ、すべてのマンションに廃墟化の危機が訪れるのか?

マイホームを購入するほとんどの人が、
「一生住むこと」を前提に家を買っている。

そのために何千万というお金を借りる。
だが、じつは日本に存在する分譲マンションのほとんどが、
廃墟化への時限爆弾を抱えいている。

その理由は、現在のマンションにおける所有形態、
つまり区分所有制度にある。

この制度には決定的な欠陥があり、これを改めない限り、
すべてのマンションは廃墟化への軌道を
ひたすら突き進むこととなる。

なぜ、「終の住処」であるはずのマンションが
廃墟になってしまうのか?

どのようにして、廃墟への道を進むのか?

どうしたら廃墟化を食い止められるのか?

住宅ジャーナリストがその危機的現実と解決策を提示する。


出典:amazon.co.jp

 


PR
おすすめの記事